MENU

TECHFUND

PRESS RELEASE

NEWS

TECHFUNDのSUNRISE Program第1期卒業生のDogHuggy、サイバーエージェント・ベンチャーズより資金調達



株式会社TECHFUND(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:川原ぴいすけ、松山雄太)が運営する起業家支援プログラム『SUNRISE Program』の第1期卒業生である、株式会社DogHuggy(以下DogHuggy、所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:長塚翔吾)は、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:田島聡一)より3月19日付けで資金調達をいたしました。

DogHuggyは「日本を動物先進国にする」というビジョンの下、獣医大学附属高校の現役高校生と国立大獣医学科出身のエンジニアにより2015年2月に設立されました。 日本国内の犬・猫の飼育数は2,000万頭を超えており、家族・パートナーとして認知されつつある中で、飼い主の旅行や出張などの外出時に安心して愛犬・愛猫を預けられるサービスへのニーズが高まっています。 DogHuggyは、愛犬家を中心とする飼い主がWeb上で簡単に愛犬等の預け先を探し、依頼まで行うことができるサービス「DogHuggy(ドッグハギー)」を2015年3月19日に開始します。今回の資金調達によりサービス開発体制を強化すると同時に、預け先であるホストの募集を行い、2015年4月に依頼主の募集を始める予定です。

TECHFUNDは、起業家の持つアイデアに対し実際の技術(プログラム、デザイン、リーンスタートアップのノウハウ 等)を出資する起業家支援プログラム『SUNRISE Program』を通じ、DogHuggyと伴走して参りました。2014年11月から開始したSUNRISE Program第1期生としてDogHuggyを採択し、2015年3月1日のSUNRISE DEMODAY(プログラム期間中の成果発表会)まで、仮説検証やコンセプト設計、製品開発等における知見を提供することで、現役高校生起業家のスタートを後押ししました。

■Doghuggyについて
(http://doghuggy.com/)
愛犬家がWeb上で簡単に愛犬の預け先を探し、依頼まで行うことができるサービス「DogHuggy(ドッグハギー)」を運営。「日本を動物先進国にする」をビジョンとし、順次預け先となるホストの獲得と依頼主となるユーザーの拡充を行っていきます。獣医学に精通した創業者が、犬に快適で安心なサービスを企画・開発しております。

■TECHFUNDについて
http://techfund.jp/
『起業家をメジャーな職業にする』というビジョンを掲げた技術者集団です。
米国シリコンバレーでは、GoogleやFacebookのトップエンジニアが起業家のサービス開発支援の対価として『Sweat Equity(スウェットエクイティ、共に走ることで得た株式)』を得ることがあります。当社は起業家への技術投資活動を通じてSweat Equityを組織的に引き受ける唯一の企業です。
2014年10月9日の設立から、これまでに約150人の起業家との面談、約35チームとの継続的なやり取り、5社の投資実績があります。2015年末までに支援先50社を目指して参ります。

■SUNRISE Programについて
SUNRISE Programは、スタート前(=トライアルラウンド)の起業家のアイデアを、リーンスタートアップに立脚した独自ノウハウと技術の直接的な提供(=技術投資)によって形にすることを目的とした、88日間の起業家支援プログラムです。卒業時には、起業家チームが自走し、ベンチャーキャピタル等から資金調達が可能な状態となることを一つの目標にしています。TECHFUNDは、徹底した伴走と一連の提供価値に見合う株式5%を引き受けます。


<会社概要>
会社名:株式会社TECHFUND
所在地:東京都渋谷区東2-11-8
設立日:2014年10月9日(テックの日)
資本金:2000万円(2014年11月現在)
代表者:川原ぴいすけ・松山雄太
事業内容:起業家への技術投資
URL:http://techfund.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
TECHFUND 広報担当
E-mail: pr@techfund.jp