MENU

TECHFUND

PRESS RELEASE

NEWS

世界初の『技術投資団体』TECHFUND(テックファンド)、シードラウンドで2000万円の資金調達を実施

■概要
株式会社TECHFUND(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:川原ぴいすけ、松山雄太)はシードラウンドにおいて、下記の個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施しました。
本増資により、起業家のアイデアを形にする『SUNRISE Program(http://techfund.jp/)』を運営する技術者の採用を進め、東京・渋谷の”ビットバレー”に続く、新たな起業エコシステムの構築を目指します。

<引受先の概要>
・西川潔氏(株式会社ネットエイジ代表取締役社長、ビットバレー構想発起人)
・IT 系大手事業会社 創業者(エンジェル投資家) 等
・株式会社リッチメディア(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本幸蔵)

■SUNRISE Program について
SUNRISE Program は、トライアルラウンド(シードラウンドより前のスタート段階)の起業家のアイデアを技術的な支援によって形にすることを目的とした、88日間の起業家支援プログラムです。
サービスが作れないという理由でスタートを切れずにいる起業家に対し、プログラミングやデザイン、リーンスタートアップのノウハウ等をより直接的かつ計画的に提供することで、企業価値の向上を目指します。プログラム卒業時には、起業家チームが自走し、ベンチャーキャピタル等から資金調達が可能な状態となることを一つの目標にしています。当社はその提供価値に見合う、株式5%を引き受けます。
11月30日まで、プログラム1期生となる起業家を募集しております。
プログラム詳細:http://techfund.jp/

■TECHFUND について
当社は『起業家をメジャーな職業にする』というビジョンを掲げた、業界最高峰の技術者集団です。
米国シリコンバレーでは、Google やFacebook のトップエンジニアが起業家のサービス開発を手伝う対価として株式を引き受けることがあり、そのような株式を『Sweat Equity(=スウェットエクイティ:共に走ることで得た株式)』と呼びます。当社は起業家への技術投資活動を企業として世界で初めて開始し、Sweat Equity を組織的に引き受けている唯一の企業です。
10月9日に株式会社を設立し、これまでに約150人の起業家との面談、約35チームとの継続的なやり取り、5社の投資実績があります。
2015年末までに支援先100社を目指すと同時に、一人一人の起業家の事業を軌道に乗せるべく、支援体制の更なる強化を図って参ります。


<会社概要>
会社名:株式会社TECHFUND
所在地:東京都渋谷区東2-11-8
設立日:2014年10月9日(テックの日)
資本金:2000万円(2014年11月現在)
代表者:川原ぴいすけ・松山雄太
事業内容:起業家への技術投資
URL:http://techfund.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
TECHFUND 広報担当
E-mail: pr@techfund.jp